笑顔の女性

避妊方法はいくつかあります。
低用量ピルは正しく服用さえすれば、99%避妊効果があります。
低用量ピルは排卵を抑制する作用があります。
女性が自分で行えますが、飲み忘れには注意が必要で、毎日一定の時間帯にのむことが必要です。
コンドームは、男性の陰部に薄いゴムの袋をかぶせて、精液が膣内にはいることを防ぐ方法なので、男性の協力を得なければなりません。
ドラッグストアなどで手軽に購入することができますが、コンドームが破れてしまったり、とれてしまったりする可能性もあるため、避妊効果は100%ではありません。
低用量ピルの購入方法は大きく分けて、病院での処方せんかインターネット通販の2種類があります。

しかし、性感染症の予防には効果があります。

IUS、IUDという避妊リングは、女性の子宮内に小さな器具をいれて、妊娠を防ぐ方法です。
女性自らで行えまずが、IUDは産婦人科で子宮内に入れてもらわなければなりません。

1度挿入すると通常であれば2~5年は有効ですが、1年に1回は定期受診するようにします。
効果はありますが、まれに体外にでてしまうことがあり、出産を経験した方向きです。
避妊手術を行う方法もあります。
卵管をしばることで、卵子と精子の受精を避ける方法です。
他の方法に比べ、体にかかる負担は大きくなります。
基礎体温計で排卵日をある程度予測することもできますが、確実な方法とはいえません。

基礎体温計は2~3カ月程度続けなければ自分の月経周期を予測することは難しいので、毎日継続していく必要があります。

また、体調に左右されて体温が変わることもあるので、他の避妊方法と併用して行う必要があります。
しかし、自分の体調管理という意味でも測定することに意味はあります。
避妊はパートナー同士でよく話し合い、女性男性ともに協力しあうことが大切です。