避妊と排卵後とローヤルゼリーについて

2019年08月17日

妊娠を望むのであれば、排卵後の成功は意味がないとは言えません。
排卵後に卵管から飛び出した卵子をキャッチしようとします。
卵管内に移った卵子は、受精に備えて卵管膨大部へと移動します。
排卵後の性交は、妊娠率をアップさせる可能性もあります。
女性の体にはサイクルがあって、それは整理とも関わっています。
妊娠しやすいかどうかの時期も関係しますし、おりものにもサイクルが関わっています。
おりものは、体内の卵胞ホルモンに比例しています。

高い栄養価で知られるローヤルゼリーは、不妊にもサポートとなるとも言われています。
ローヤルゼリーにはアセチルコリンが含まれていて、メンタルに受けるストレスを和らげる作用があります。
アセチルコリンの成分は、自律神経をバランスよく調整する働きがあります。
肉体面では女性ホルモンの悩みに対して、和らげる作用も持っているため、不妊の良きサポートにもなると言われています。

ローヤルゼリーを摂取することで、体内における免疫力を向上させる働きが期待できます。
類パロチンの成分は人間の唾液腺ホルモンにも似ていて、内蔵や骨、血管や筋肉などの大切な働きをしているパーツの老化を防いでくれます。
神経伝達物質のアセチルコリンは、摂取によって、脳の老化の予防にもなります。
カルシトニン遺伝子関連ペプチドへも働きかけるため、生活習慣病を予防するためにも役立ちます。

避妊のために、基礎体温を測るという方法もあります。
避妊だけではなく、自分の体調管理のためにも、基礎体温を知っておくのは良いことです。
女性の体は生理があって変化していきます。
その中で妊娠しやすい時期があり、その時にはより避妊対策を強化する必要があります。